フェンスの外構工事にかかる費用相場をタイプ別で紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の境界にフェンスを設置する場合、

*目隠しタイプ

*縦格子タイプ

*メッシュタイプ

のどれかから購入するフェンスを選ぶ必要があります。

ただし、フェンスのサイズや種類によって、外構工事の費用はさまざまです。

 

今回は、外構にフェンスを設置する際の費用相場をフェンスのタイプ別にご紹介します。

 

 

3つのフェンスのタイプの特徴

まず初めに、目隠しタイプ、縦格子タイプ、メッシュタイプのフェンスの特徴についてご紹介します。

 

目隠しタイプは周囲の視界をシャットアウトする

目隠しタイプのフェンスは、文字通り家の中の様子を周囲の人から見えなくする機能を持つフェンスです。フェンスは不透明で隙間がないので、外部の視線を完全に遮ることができます。

このタイプのフェンスは、目隠しを目的として設置するので、人の目線よりも高い80㎝~200㎝程度の高さに設定することが多いです。ただし、隙間がない構造のため、あまりにも高くすると圧迫感を与えてしまいます。

 

目隠しタイプは、プライバシーを守るという面においてはとても優秀なフェンスです。しかし、外からの視線が遮られるため、泥棒が侵入しても周りの人が気付けないという欠点もあります。

 

 

縦格子タイプは適度に視界をブロックする

縦格子タイプは、適度に隙間のある構造なため、視界を遮る効果を持ちながら、圧迫感が少ないです。また、隙間から採光できるため、建物内が暗くなる心配もありません。

 

ただし、目隠しタイプのように完全に視界を遮る訳ではないので、プライベートな空間を覗かれる可能性は十分あります。

 

 

メッシュタイプは光を遮ることなく人の侵入を阻止する

メッシュタイプは、網目状のフェンスの事を指します。メッシュタイプには、視界を遮る効果はありませんが、人の侵入をしっかりブロックしてくれます。光を遮る事はないので、ガーデニングを行っているご家庭でも安心してご利用になれます。

 

メッシュタイプのフェンスは、加工が容易という特徴があります。ニッパーなどで切断すれば、自由に形を整えられるので、自分なりにアレンジしてみたいという方におすすめです。

また防犯・セキュリティ面も優れています。一見すると、家の中が見えるというのは、防犯上良くないと感じますが、実際はその逆で、周囲の視線があるため、泥棒に狙われにくくなります。

 

 

目隠しタイプの費用相場はフェンスひとつあたり約9,000円

フェンス全体に隙間がなく、外からの視線を完全にシャットアウトできる目隠しタイプのフェンスは、ひとつあたり約9,000円で購入可能です。

 

ただし、フェンスの種類や材質によって、具体的な価格にはかなりの幅が出てきます。

頑丈なものや機能性・装飾性の高い製品であれば、フェンスの単価は高くなりますし、庭が広いとその分たくさんのフェンスが必要です。

 

また、フェンス本体とは別に、

*柱

*コーナーカバー

*エンドキャップ

*固定用のビス

なども必要です。

 

また、購入金額がある程度高額になると送料無料などサービスもあります。

フェンスを購入する際には事前に必要なものを調べておき、まとめ買いしてお得に購入しましょう。

 

 

縦格子タイプの費用相場はフェンスひとつあたり2,000円前後

縦の格子状になっているフェンスの費用相場は、ひとつあたり2,000円前後です。

目隠しタイプに比べると必要な材料の量が少ないぶん、コストパフォーマンスに優れています。

 

ただし、こちらも価格帯が幅広く縦格子タイプのフェンスでは、単品で約14万円するものもあります。商品のグレードによる価格差は大きいです。

場所によってフェンスの種類やグレードを変えると見た目に違和感が出てしまうため、できれば事前に予算を決めておき、予算内で気に入る商品を探しましょう。

 

 

メッシュタイプの費用相場はフェンスひとつあたり5,000円程度

格子状のフェンスに比べて、より開放感のあるメッシュタイプの商品は、フェンスひとつあたり5,000円前後で購入可能です。

費用としては目隠しタイプと縦格子タイプの中間程度です。

 

メッシュタイプはデザインの幅が広いというメリットを持っています。

シンプルに縦横のメッシュが入ったものだけでなく、波型のメッシュ、メッシュのサイズが大きめなものなどバリエーションはさまざまです。

 

 

 

フェンスの素材別の工事費用の違い

ここでは、アルミ等の金属製フェンスを設置する場合と、木製フェンスを設置する場合の工事費用について解説します。

 

金属製のフェンスを設置する場合の費用

アルミなどの金属製のフェンスを設置する場合は、支柱の工事や組み立て、コンクリートでの舗装などの費用が発生します。

 

業者に依頼した場合の支柱工事費用は、1ヶ所当たり約4000円、組み立ては1枚当たり約5000円、コンクリートでの舗装は1平方メートル当たり8000円ほどです。その他に材料のカット費用などが発生する場合もあります。

 

木製フェンスを設置する場合の費用

木製フェンスの場合、金属製のように基礎工事が大がかりなものにならないため、費用は安く済みます。かかる費用は、支柱設置代と塗装代の2つです。支柱設置代は約3000円、塗装費用は1メートル当たり2000円程度です。

 

 

自宅のデザインに合ったフェンスを選んで住まいの安全を確保しよう

 

予算や住宅のデザインによって、外構に最適なフェンスの種類は異なります。理想のイメージを決めたら、予算内で気に入るデザインのフェンスを選びましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*