玄関アプローチの外構工事にかかる費用や施工の種類を詳しく紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の顔ともいえる玄関アプローチの外構工事には、30万〜70万円程度の費用がかかります。

バリアフリーや目隠し外構、タイルやレンガ、砂利敷など、さまざまな種類の施工方法があり、かかる費用もそれぞれ異なります。

たとえばバリアフリー設計にする場合、スロープ工事の相場は30万〜50万円程度です。

 

今回は、玄関アプローチの外構工事について、費用相場や施工の種類をご紹介いたします。

 

 

玄関アプローチの外構工事にかかる費用

玄関アプローチの外構工事にかかる一般的な費用相場は、30万から70万円程度です。

施工面積やデザイン、使用する素材、現場の状況によって価格に差が出るため、

まずは専門の施工業者に相談し、見積りをとることが大切です。

 

 

玄関アプローチの外構工事での施工の種類

玄関アプローチの代表的な施工の種類には、次のようなものがあります。

 

・1. バリアフリー

体が不自由な家族のため、または老後の備えとして、玄関アプローチをバリアフリー設計にします。

段差があるところをスロープにし、玄関までの道のりに手すりを取り付けます。

スロープは既存アプローチの状態や土地の広さによって施工費用が大きく異なります。

30万〜50万円程度でできる場合もあれば、100万円以上かかるケースもあります。

 

・2. 目隠し外構

玄関扉を開けたときに中が見えないように、または洗濯物を隠すために設置するブロック塀や枕木、ルーバーフェンスなどを「目隠し外構」といいます。

壁型タイプに表札、郵便ポストなどを取り付ける場合の費用相場は50万円程度です。

防犯性を高めるための照明を設置したり、使用素材やデザインにこだわったりする場合は、100万円近くかかるケースもあるでしょう。

 

・3. 洋風リフォーム

玄関アプローチを洋風にリフォームする場合は、タイルやレンガを敷き詰める施工が一般的です。

玄関アプローチの施工方法として一般的なタイル張りには、1㎡あたり1万2,000〜1万5,000円程度の施工費用がかかります。

レンガを互い違いに敷き詰めるインターロッキングにする場合の費用相場は、1㎡あたり1万〜1万3,000円程度です。

 

・4. 和風リフォーム

玄関アプローチを和風にリフォームする場合は、地面を砂利敷きにしたり、飛び石、敷石を施したりします。

砂利敷きは砂利の種類やサイズ、カラーによって、和風から洋風までさまざまな雰囲気を演出できます。

 

費用相場は1㎡あたり5,000円程度です。

1万円以上する大理石の白玉砂利など高価なものもあるため、素材にこだわる場合は費用も高くつくでしょう。

飛び石や枕木を併用するパターンもあります。飛び石は1つにつき3,000円程度が相場です。

 

 

 

玄関アプローチの外構工事を依頼する際の注意点

玄関アプローチの外構工事に失敗しないためには、複数社の専門業者から相見積りを取ることが重要です。

それぞれの見積りを比較・検討することで、費用相場や信頼度をチェックできます。

 

見積りは下見をしっかりしたうえで、できるだけ正確な価格を出してもらいましょう。

見積りの内容が詳しく記載されていない、ほかの業者より極端に高い・安い業者には注意が必要です。

 

 

適正な価格で理想の玄関アプローチを手に入れよう

玄関アプローチにかかる費用は、素材やデザイン、施工の種類によって大きく変わります。

また、施工に入る業者によっても費用が異なるため、外構工事を依頼するときは、複数の業者から見積りをとりましょう。

コメントを残す

*